※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー38

診断時:64歳
インタビュー時:71歳(2008年11月)
東海地方在住で、妻と2人暮らし。2001年2月に腰椎と頚椎を含む全身に転移した前立腺がんと診断された。ホルモン療法と転移部への放射線療法を受けるが、体力の低下から中断。疼痛緩和の治療も受けた。退院1年半後、普通の生活ができるまで回復。現在は服薬と注射によるホルモン療法で、3ヵ月に1回通院。窯業関係の職人として働いているが無理のない範囲で行い、絵描きなどの趣味を楽しんでいる。自立した息子と娘がいる。

詳しいプロフィールを見る

――お仕事に復帰されたのは、いつごろぐらいからなんですか。

えーとね、退院して、2年、3年…3年経ってからですね。はい。ま、もちろん、子どもが、家業をついでいてくれたから、その間私は、病気と、病気だけに専念して、あの治療を続けられたというのが、一つ幸運な面がありますけど。で、子どもが、私が元気になったばっかりに、他に転職をしてしまいましたんで(笑)、で、その、また、私が引き続き、お客さんとのお付き合いを続けているっていうのが、現状なんですね。はい。

――その、お仕事があることで、その病気の治療に対して、プラスの面とマイナスの面とそれぞれあるかと思うんですが。

そうですね。

――はい。

で、マイナスの面はね、何人かのお客さんから一度に仕事がかたまったときに大変なんですよ。だから、そういうときは、もう極力、自分のできる量だけ、うん、は、受けますけど、あとは、少し遅れますよと。遅くなりましてもいいですかということで了解いただいて、受けるものは受けますけど、そうじゃない急ぎのものは、まあ他の業者さんでお願いしてくださいって、お断りすることもありますねえ。やはり自分を、時間的に窮屈に縛ってしまいますと、その責任感のほうが重荷になりますんで。もう、これから、その企業として、利益がそんなに上げられる業種じゃないんで、まあ、そこそこ生活できればいいかなっていうぐらいの考えで、今は仕事に従事していますんで。まあ、とにかく疲れない程度のお仕事、うん、お引き受けしながらですから、お客さんも正直言うと、ちょっと頼りない面があるかもかりませんね、はい。そういう点では、マイペースと言うのかな、はい。自分の生活を、まあ、この基準で守りたいなと思う、その範囲内で仕事も進めながらやっています、はい。

――じゃ、あの、疲れたら休むっていうのは、お仕事にも。

そう、はい。

――きちんと、こう、反映させてらっしゃるんですね。

はい、はい、はい。だから、疲れたときは、1日事務所にずうっと新聞読んだりいろんなことしているときもありますね。うん。だからやっぱり、仕事に集中するっていうのは、やっぱり疲れていたら、いい作品できませんのでねえ。上がりが何となく気に入らないんですよ。はい。だから、一気に作ってしまえる、そういうものでも、もたもたもたもた作っているときは、必ず、出来上がった作品が悪いんですよ。ですから、もう疲れないそういう状況で作るというのが、集中して作るっていうのが、やっぱり、お客さんに対しても、うん、あの、結果的にいいんじゃないかなと思いながらね、うん、やっていますから、あんまり、仕事が苦痛になるとか重荷になるとかいう状況は作らないようにしています。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(90) ["name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["slug"]=> string(7) "shigoto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(90) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(14) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(90) ["category_count"]=> int(14) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "病気と仕事の関わり" ["category_nicename"]=> string(7) "shigoto" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る