インタビュー内容テキスト

2ヶ月ぐらい前から、なんか、ちょっと体が疲れやすいっていうふうに思ってたんで、どうも変だな、って思ってたんですね。なんか、今までとは違うんですよね。ま、年かな、とか思ったんですけど、どうも疲れやすい。なかなか、こう、治らない。一晩寝ても疲れが残ってるような感じで、ちょっとおかしいな、と思ってたんですね。

まあ、健康、食べるのも、ちゃんと、きちんと食べられてるし睡眠も取れてるし、大丈夫だと思ってたんです。ただ、変だな、疲れやすいのが変だな、と思ったんです。今思えば、それも関係あったかな、と思います。もう、あとからになっちゃうとわかりませんけれども。ま、休憩すれば、休めば、また元気には多少なったんですけれども、でも、やっぱり疲れは残っている。おかしいな、なんか、体の中が変なのかな、なんて思ったんですけども、やっぱり忙しかったので病院には行きませんでした。

そんなことがあって、たまたまお風呂に入って、のんびりとお風呂に浸かっていた時に、胸を触った時に、あれ、なんかおかしい。しこりですか。しこりみたいなのがわかったんですね。左の、ちょうど、こう脇の下あたりぐらいですね。胸の横ですね。いつもは、まあ、上のほうは触ったりするんですけど、下のほうは、あんまり触ったりしたことがなかったんです。胸の。で、その脇の下のほうになんかあるって気が付いたんですね。これは、もしかしたら、まあ、なるべく信じたくないけど、どうもって気にはなったんです。

で、たまたま、わたしの父なんですけれども、胃がんが見つかった時だったんですね。ま、母から、父ががんが見つかったっていう連絡を受けたんです。で、わたしも、もうびっくりしてしまって。父ががん。わたし、自分のこと、ま、とにかく父の看病をしなくちゃいけない。父のことが心配になってしまって、自分のことは後回しにして。父は、がんとはっきりわかったので、病院へ連れて行って手術など、準備など、自分のことはあと、あと、っていうこと、まず父のことを思って、父の看病をしたんですね。母と一緒にやりました。

それが1年以上かかりましたかね。とにかく、自分のこと、あと、あとと言ってたんですけど、お風呂に入るたびに気になるんですよね。いや、おかしいな。でも、とにかく自分のことは、あと、あと。とにかく、父が落ち着いた時に、やっぱり、まず、病院をどこに行けばいいかということで困ってしまったんですね。乳がんといっても婦人科かしら、どこなん、婦人科じゃないな、がんだから、どこなんだろう、というふうな感じだったんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言