インタビュー内容テキスト

もう一つは、手術の時。うーん、ちょっと、朝でしたかね。朝、10、9時かな。9時、手術の時にそう言われましたよね。それで準備しますよね。もちろん、(手話)通訳は、その時は来てくれます。家族も来てくれます。で、通訳の人が来てくれて、手話で情報を教えてくれます。それから手術室に運ばれますよね。そこまでは、通訳してもらえます。

でも、手術室に実際に入ったあとは、もう通訳は一緒に入って来られないので、もうまったく(情報は)ないですよね。手術室の中では、看護師さんがいますけれども。前、その前の夜でした。看護師さんと、手術担当、あと麻酔の先生が来てくれて、細かい説明してくれたんです。「コミュニケーション、どうしましょうか」なんていうかたちで、紙に、こう書く。「そういう準備をします」とは言ってくださいました。紙に書いて準備をしてくれました。「これから麻酔を入れます」とか、「これから何をやります」っていうようなのを書いてくれて準備をしてくれたので、わかりましたけれども、手術室に入って、やっぱり緊張しますよね、ものすごく。紙、寝てるところに、紙をバッと出されても、なんか、次々めくられても、「あ、ちょっと待ってください。さっき、なんだったかしら」なんて、やっぱりちょっとわからないまま進んでしまった。で、あっという間に寝てしまった。麻酔が効いてしまって寝てしまったっていうような感じでした。

うーん、ま、確かに、心の準備ですね。これから何をやるってことがわかれば、もっと安心できたと思いますけれども。やっぱり、紙に書いてくれても、すぐにこう、読めないんですよね。次々とめくられても、やはり、なかなか自分で読み取ることも難しいし、そのあと嫌になってしまって、「どうでもいいです、お任せします」なんていう気持ちになってしまったんですね。その時、手術の時は、やはり手話できる人が誰かいれば、「これから、これやりますよ。次、麻酔なりますよ。次に胸を開きますよ」みたいな感じで、これから次のことを言っていただければ、手話で見られれば安心できたんだけれども、いや、そこまでは、やはり難しかった。なかったですね。やっぱり、それはちょっと残念ですね。

とにかく、まあ、結果的には成功したわけですから、それはいいんですけれども、今思い出すと、細かいところがわからなかったな、通訳があればよかったな、情報保障がきちんとされてなかったっていうようなことを思いますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言