※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー53

診断時:50歳(2007年5月)
インタビュー時:58歳(2015年5月)
首都圏在住。先天性のろう者で、夫と娘の3人暮らし。自分でしこりを発見したが、父の看病で忙しく、1年以上経ってから病院に行って左乳がんと診断された。術前抗がん剤治療、乳房切除術、放射線療法、抗がん剤の内服治療を受けた。外来受診等は手話通訳派遣制度を使った。

詳しいプロフィールを見る

手術したばかりは、1ヶ月間ぐらいは、ガーゼみたいなのがあって自分では見えなかったですよね。手術したあと、3週間、3週間後ですか。ガーゼを取って自分で見ることができたんですね。その時は、まあ、想像通りだったな、と思ったけど、意外と奇麗だったんですよね。手術の跡が。縫い方が非常に奇麗だったんです。細かく丁寧に縫ってあったんで。想像では、かなり傷がひどいんじゃないかと思ってたんですが、奇麗に縫ってあったので。いや、ちょっとわからないぐらい奇麗だったんですね。

だから、うわ、これは不思議だわ、と思って、そのあと主治医に聞いたらば、手術してる間、わたしは寝ちゃってますよね。わかりませんよね。えー、8時間。8時間かかったそうなんですけれども、まず、主治医の先生ががんを取ったのは2時間ぐらい、2時間半ぐらいですかね。その次に、皮膚の移植のその先生が長かったですね。5時間ぐらいかかったということで、本当に一生懸命に丁寧に、奇麗に縫ってくれた。本当に丁寧にやってくださったらしいんですね。だから、時間がすごい長くかかったということで。主治医の先生も、「なんで長いんだろうな、おかしいな」なんて言って、ちょっと手術室に見に行ったりしたぐらいだったんですけども、「あ、今、きちんと奇麗に縫ってるんだ」ということで、家族みんなに、「今、ちょっと丁寧に、奇麗に縫ってるから時間がかかるんです」っていうように説明してくださったみたいです。

だから、5時間以上かけて、ほんとに縫ってくださったということで、その分奇麗だったんですね。自分で見ても、なんか変な感じしなかったんですよね。だから、今見ても、自分で納得できる傷だったんですね。だから、再建は、まあ、もうちょっと考えないというか、いいかしら、っていうふうに思いました。今は、もう主人も娘も、見ても、もう全然慣れてしまって、「(胸が)ない。ふーん」っていうぐらいですね。わたしも、まあ、いいやっていうような感じですかね。そんな状況です。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12183 (17) { ["term_id"]=> int(21) ["name"]=> string(15) "乳房切除術" ["slug"]=> string(7) "setsujo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(21) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(21) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房切除術" ["category_nicename"]=> string(7) "setsujo" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る