※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー53

診断時:50歳(2007年5月)
インタビュー時:58歳(2015年5月)
首都圏在住。先天性のろう者で、夫と娘の3人暮らし。自分でしこりを発見したが、父の看病で忙しく、1年以上経ってから病院に行って左乳がんと診断された。術前抗がん剤治療、乳房切除術、放射線療法、抗がん剤の内服治療を受けた。外来受診等は手話通訳派遣制度を使った。

詳しいプロフィールを見る

わたしが、おかしいなって、最初、おかしいなって思った時が、小学校5~6年、5年ぐらいでしたね。で、実際にがんが見つかったのは、中学校入ったあとです。娘は。

―― わかりました。じゃあ、娘さんには、どんなかたちで伝えられたのかってことも、ちょっと教えてください。

うーん、そのまま言いました。そのまま、がん。そしたら、「そう」だって。「あ、そう」って言ったんですね。中学の時、がんは詳しくわかんなかったのか、たまたま、自分に対しておじいちゃんですね。わたしの父ですよね。がんっていうのを見てたので、わたしも、こう、同じがんっていうような感じで見たかなー、と。まあ、どんなふうに考えたかわかりませんけれども、自分なりには、たぶん苦しいことたくさんあったと思うんですけれども、学校生活で忙しいってこともあったので。うーん。まあまあ、娘は娘の、思春期の、まあ、反抗期とかもあって、まあ、わたし自身もあんまり言わないで、「大丈夫よ。お母さん、大丈夫よ」っていうような感じで、うん。まあ、そのまんま言いました。うん。ま、主人は、いろいろ手伝ってくれたので、はい。それがあったお蔭で。はい。あと、犬がいたんですね。愛犬がいたので、それと遊ぶということも、精神的な面で楽になった、助けられたっていうふうに、ところがありますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12183 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る