※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:50歳(2007年5月)
インタビュー時:58歳(2015年5月)

首都圏在住。先天性のろう者で、夫と娘の3人暮らし。自分でしこりを発見したが、父の看病で忙しく、1年以上経ってから病院に行って左乳がんと診断された。術前抗がん剤治療、乳房切除術、放射線療法、抗がん剤の内服治療を受けた。外来受診等は手話通訳派遣制度を使った。

まあ、その時は、(抗がん剤の)効果がなかったので、先に手術すれば良かったかな、と、確かに思うこともありました。でも、今思うと、今、元気だというのは、もしかしたら、ま、わたし個人的な考え方ですよ。個人的な考え方ですけども、この抗がん剤を受けた時に、体全身に回りますよね、それは。見えないところで、何かがんが、見えないがんっていうのは消えてたんじゃないか。その効果が、そういう効果はあったんじゃないかなっていうふうに自分で思ってるんですね。だから、今、これだけ元気なんだっていうことですね。転移もなく。

この体なのは、確かに、腫瘍(しゅよう)、ここだけ、腫瘍の部分だけは効果がなかったかもしれないけども、それは手術で取ったんですね。で、放射線の効果もあった。見えるところは、とにかく手術で取った、と。ただ、転移、見えないところは、手術の前の抗がん剤が、その効果があったんじゃないかなーって、いいほうにいいほうに、自分としては、そういうふうに思うようにしてます。思っています。だから、今思えば、それをやって良かったな、と思っています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧