※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー28

診断時:39歳
インタビュー時:45歳(2008年8月)
首都圏在住。2001年秋、乳房全体が岩のように硬くなっていることに気づいて、受診。右乳がんの診断を受け、術前化学療法の後、乳房切除術+リンパ節郭清術、続けてホルモン療法を開始。2004年1月に肝臓と皮膚に転移し、抗がん剤治療を開始。発症当時は家族と同居していたが、再発後、1人暮らしを始めた。仕事は術前までダンスの仕事と派遣で事務をしていた。

詳しいプロフィールを見る

で、そのときに術前化学療法というのをお話をしてくださって。で、もう大体センチで言うと7センチから8センチぐらいの大きさにもうなっていましたから、もうまあ今のままで手術をすることは不可能っていう、多分その大昔はそれをやってたと思うんですけれども、今はお薬の治療で小さくして、まあ最小限にして取るっていうお話をしてくださって。
で、まあ「温存できますか?」っていうことを聞いたときには、その乳頭直下にあるもの、まあ大きいっていうのもありますけども、根本的に乳頭直下ということで、で、「温存は難しいね」って、ただ、絶対できないっていうことはおっしゃらなかったので、可能性がないわけではないというふうに、私は受け止めました。で、術前化学療法をやることによって、もしかしたら、こんななっちゃったけど、まあ温存できるかもしれないっていうことも思いましたし。で、「小さくなりますか?」って、先生に聞いたときに、すごいその先生が笑顔で「なりますよ」って言ってくれたんですね。で、もうここの病院がいいなって、うん、思いました。
治療の選択に関しては、1人で行ったので、誰にも相談はしてません。自分で決めました。で、決断するに当たっての参考にしたものというのは、特にその闘病記とか、そういったものとかも特になくて、一応その病院に行く前に本屋さんで見た本とかで、こういう治療法があるっていうのを見て、「あ、それだ」って、もし術前の化学療法によって小さくなるんだったら、それをやるだけやって、それで駄目だった上での全摘だったら納得がいくと思って、自分で考えて自分で選択をしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12132 (17) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(33) "治療法の選択・意思決定" ["slug"]=> string(10) "ishikettei" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(26) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(18) ["category_count"]=> int(26) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "治療法の選択・意思決定" ["category_nicename"]=> string(10) "ishikettei" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る