インタビュー内容テキスト

私は幸い生命保険のお金が…まあ特約とか、そういったがん保険とかっていうのが2つ入っていたので――まあ1つは両親が、あのう、まあ私が知らないうちに、まあお付き合いで入れてたものなんですけれども――そういったものがありましたので、かなり働かなくても、ほとんど困らずに何でも好きなことができるぐらいのお金を、頂くことが幸いできたので、それは本当に助かりましたし、今もまだ助かっています(笑)、はい。
この話は初発のときにも、患者さん同士でもよく話していたんですね。「保険に入っておけば良かったー」って、本当に言っていて。で、まあ本当に簡単な保険の人とかだと、「これしか出ないんだよねえ」って言ってたりとかして。
入院と手術のお金だけでも随分違う、違いますし。で、プラス一時金が入ると、それだけで本当に1年間働かなくても暮らしていくことがやはりできるので、そうやって休める時間があったから、気持ちを切り替えることができた。
で、もし、仕事を続けていたら、そんな、今みたいにそんなふうにやっぱり気持ちを切り替えて、新しい人生を、とか思わなかったと思うんですね。だから、その経済的なお金のことを考えないで治療に専念できた期間っていうのは、すごく大事だったし、自分自身を休ませてあげるっていう時間を持てたので――そのお金には本当に、まあ自分が払ってたものなんですけど、今も払い続けてますけれども――本当に役に立ちました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言