※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー28

診断時:39歳
インタビュー時:45歳(2008年8月)
首都圏在住。2001年秋、乳房全体が岩のように硬くなっていることに気づいて、受診。右乳がんの診断を受け、術前化学療法の後、乳房切除術+リンパ節郭清術、続けてホルモン療法を開始。2004年1月に肝臓と皮膚に転移し、抗がん剤治療を開始。発症当時は家族と同居していたが、再発後、1人暮らしを始めた。仕事は術前までダンスの仕事と派遣で事務をしていた。

詳しいプロフィールを見る

そのゼローダに関しては、1日3回お薬を飲むだけなんですが、髪の毛は抜けないんですね。ただ、やはり飲み薬なので消化器系にものすごくダメージを受けてしまって、それを改善するためにビオフェルミンとか、そういったもの、整腸剤を処方してもらったんですけど、もう全然効かなくって。当時ももちろんお仕事はしていたので、それが、普通に下痢とかだったら、ちょっとおなかが痛くなってきて、「あ!」って思うじゃないですか。でも、そうではないので、もう急に「来た!!!」っていう感じになってしまうので、何か席を離れて帰ってきたら、また席を立つみたいな、そういった感じになってしまうので、もうお昼も怖くて食べられないので、サンドイッチとか、本当にちょっとだけ、で、あんまり飲み物とかも飲まないようにしたりとか、でも、おうちに帰ってきてしまうと安心なので。それがずうっと続くわけではないから、読めないんですね。点滴の副作用と違って、点滴を打ってから何日間か吐き気があるとか、まあ点滴の場合だと、だんだんこう薄まってくるので、次に投与するまでの間に。でも、飲み薬は常にあって、それを肝臓が解毒する…ということがありますから、いつ、それがこう体に回っているかっていうのが分からないので、どうしても読めなくてすごくつらかったんですね、その下痢の副作用が。で、人によっては便秘になったりするらしいんですけれども、私は下痢がすっごいひどかったので、もうその副作用が本当に苦しかったですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11091 (17) { ["term_id"]=> int(32) ["name"]=> string(24) "再発・転移の治療" ["slug"]=> string(11) "tennichiryo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(32) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(32) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "再発・転移の治療" ["category_nicename"]=> string(11) "tennichiryo" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る