インタビュー内容テキスト

やはりまあ私は一人暮らしになっているので、今は――実家にいてもですけれども――やっぱりひと月に、ひと月1万円だったらばそんなに負担は感じないんですけれども、やっぱり今のように、2万、3万、4万になってくると、まあ非常に負担が大きいかなあというふうに思います。で、その自分のストレスとか、体力とか、そういう体のことを考えてお仕事の量を減らしたりとかすると、どうしても赤字になってしまっていて。で、そこを両親に補ってもらったりっていうような形にはしているんですけれども、非常に働きながら治療をするっていうことに関しては、すごく厳しいですね。やっぱりこれだけ患者さんが多いのに、働きながら治療が何でできないんだろうっていうふうに。まあ診療所じゃないから、夜の診察がないとか、そういうこともあるかもしれないけど、せめて検査結果だけぐらいだったら、何かメールとか、土曜日とか、何か、なにか手を打ってほしいなっていうふうにはすごく思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言