※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー28

診断時:39歳
インタビュー時:45歳(2008年8月)
首都圏在住。2001年秋、乳房全体が岩のように硬くなっていることに気づいて、受診。右乳がんの診断を受け、術前化学療法の後、乳房切除術+リンパ節郭清術、続けてホルモン療法を開始。2004年1月に肝臓と皮膚に転移し、抗がん剤治療を開始。発症当時は家族と同居していたが、再発後、1人暮らしを始めた。仕事は術前までダンスの仕事と派遣で事務をしていた。

詳しいプロフィールを見る

まず、初発のときに、まあそのがんの告知を受ける前にも本を読んでいるんですけど、多分、乳腺症だわって思ってたんですね。そのいろんな病気がある中で、やっぱりちょっと痛かったりとか、そういうことがあったりとかしたので、痛みがないって書いてあったんですよ、乳がんに関しては。でも、痛いから違うってやっぱり思ったりとかもして、その打ち消して、打ち消して、打ち消してっていう感じですね。
で、まあ告知を受けた後は、もうショックっていうのもありましたけど、どうしようっていうのが一番最初に思って、それは病気になってどうしようじゃなくて、今までやってきたことがあるわけじゃないですか。じゃあ、今日までやってきたことは明日からどうすればいいの?って、で、それをまず片付けなければっていうことを考えて、乳がんになっちゃったからっていうショックっていうことよりも、自分の人生全体を一遍に考えることになったことのほうが大きくて、病気自体ということよりも、病気によって失ったものがあまりにも大き過ぎちゃって、これからどうやって生きていけばいいんだろう?っていうことのほうが、私にはすごく大きかったんですね。
それがイコール病気になるっていうことかもしれないけど、その病気をどうしようとかは全然思わなくて、もう病気に関しては、もう病院を決めて治療をするっていうことで一つのラインができてしまっているけれども、病気の治療をすることが私の人生ではないので。じゃあ、昨日までできたことが明日からはできなくなって、じゃあ、何をして生きていけばいいんだろう?っていうことのほうが、一番大きかったんですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12132 (17) { ["term_id"]=> int(16) ["name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["slug"]=> string(7) "shindan" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(16) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(16) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "診断されたときの気持ち" ["category_nicename"]=> string(7) "shindan" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る