※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー28

診断時:39歳
インタビュー時:45歳(2008年8月)
首都圏在住。2001年秋、乳房全体が岩のように硬くなっていることに気づいて、受診。右乳がんの診断を受け、術前化学療法の後、乳房切除術+リンパ節郭清術、続けてホルモン療法を開始。2004年1月に肝臓と皮膚に転移し、抗がん剤治療を開始。発症当時は家族と同居していたが、再発後、1人暮らしを始めた。仕事は術前までダンスの仕事と派遣で事務をしていた。

詳しいプロフィールを見る

6月に私がその習っている三線という楽器と、あと歌と合わせてライブをやることになっていたので、ライブ活動というのを、プロとしてではなくて、ボランティアライブだったり、そういったことの活動を少しずつしているんですね。今回は役者さんのお友達と一緒に朗読を合わせてやるライブを計画していたので、「とにかくそのときに何かあったら困る」っていう話を、先生に一応お話しして。で、先生も、非常にそういったことを覚えていてくださって、「もうそれに合わせてそのときが大丈夫なようにしようね」という話をしてくれて、1番はその私のやりたいことを優先、2番目が治療というような選択肢で、一応動いていました。
そして、お薬としては、もうその後、もう抗がん剤しかないので、やはり髪の毛の抜けないお薬をというふうに相談をして、で、今現在もやっているんですけれども、ナベルビンというお薬で治療を再開しました。ただ、始めたときの最初の1回目がものすごく副作用がひどくて、吐き気があまりないらしいんですけど、ものすごい吐き気があったんですね。で、まあ一応副作用止めでナウゼリンというお薬を頂いたんですけれども、全然それが効かなくて、もう2日間、食べれなかったんですね。で、2日間で2キロ近くやせてしまって、まあやせることはいいことなんですけど(笑)。やはり、「いや、ちょっと体力がもうちょっと無理」っていう感じになってしまったので、そこでまた先生に相談をして、「ライブが近いので、この状況だと無理だから、ライブが終わるまでもうやらない」っていう話をして、また休薬にしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12132 (17) { ["term_id"]=> int(32) ["name"]=> string(24) "再発・転移の治療" ["slug"]=> string(11) "tennichiryo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(32) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(32) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "再発・転移の治療" ["category_nicename"]=> string(11) "tennichiryo" ["category_parent"]=> int(11) } }
同じテーマの語りを見る