※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー28

診断時:39歳
インタビュー時:45歳(2008年8月)
首都圏在住。2001年秋、乳房全体が岩のように硬くなっていることに気づいて、受診。右乳がんの診断を受け、術前化学療法の後、乳房切除術+リンパ節郭清術、続けてホルモン療法を開始。2004年1月に肝臓と皮膚に転移し、抗がん剤治療を開始。発症当時は家族と同居していたが、再発後、1人暮らしを始めた。仕事は術前までダンスの仕事と派遣で事務をしていた。

詳しいプロフィールを見る

母が診察に来たのはその1回だけです。で、「1回、じゃあ、先生の話をお母さんも聞いてみる?」って言って、連れていったので、もうその後は今日に至るまで1人で行っています。
 

――そのときは、どうしてお母さまに声を掛けてみようと思われたんですか?

もう記憶がないんですけれども、多分その再発したんだっていう話をしたときに、「お母さんも話、聞いてみる?」っていうふうに自然に言ったんだと思うんですね。それと、やはり病気を理解するっていうのがすごく、今もそうなんですけれど難しいんですね。どれだけ話しても姿かたちが元気なので信じきれないんですね。なので、私がどういう状況なのかってことを、まあドクターから聞いたら、ちょっと納得するかなっていうふうにも思ったと思うんですね、自分が。なので、一緒に行ったんだと思います。

――それは良かったかなというふうに思われます?

そうですね。どちらでもないんですけど(笑)、それで行って何か変わったとかっていうこともないですし、それは母自体がどう受け止めたかは分からないんですが、ただ、少なからずそこで、ああもう治らないんだなっていうことは、母も理解ができたのかなとは思います。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(37) ["name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(37) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(42) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "4" ["cat_ID"]=> int(37) ["category_count"]=> int(42) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い・家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る