※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:48歳
インタビュー時:51歳(2009年3月)

首都圏在住。2005年6月に左乳がんと診断され、8月に皮膚温存乳房切除術、リンパ節郭清、広背筋皮弁による同時乳房再建術を受けた。乳がんと分かって、手術は同時再建と決めて、病院を転院した。術後抗がん剤治療後、ホルモン療法を開始。1年後に乳頭形成術を受けた。 夫と2人暮らし。フルタイムで仕事をしていたが、術後3年半ほどで退職した。

乳がんって分かったときに、あの、ま、そのころには、とにかく、インターネットでいろいろ情報を探しまくっていたので、いろんな方法があるとか。それから、母が、ま、乳がんになって手術したころには、結構、しっかり取って、あばら骨が見えるような感じで、しっかり取って、で、もう、全部取ってしまえば、そのあとは、特に薬とかも飲まずに、まあ、何ヶ月に1回か定期的に経過観察をしていただけで、薬も何もなしでっていうような状況だったんです。
で、とにかく、思ったのが、胸を、なくなるのが嫌だっていうことを思って。で、その後のことっていうのは、全然何も考えずに、とにかく胸がなくなるのは嫌で、できるだけ胸をなくしたくないって思って。それで、今度またいろいろ調べて、で、あの、手術しなくて済む方法はないかというようなことも考えて、で、ラジオ波で焼くとか、何か、超音波で焼ききるとか、何か、いろいろな、その最新の方法があるらしいっていうのを知って。で、そういうものなんかはどうなんだろうっていうことで、その、告知してくだった先生に次にお会いしたときに、いろいろと質問をぶつけてみたんですが、私の場合は、その中心部のわりと真ん中辺で、浅い部分にできていたので、その超音波で焼ききるとかっていう場合には、皮膚に近いので、あとが残るんじゃないか。それから、大きさから言って、ちょっと大きくなっちゃっていたので、ま、1回どころじゃない。何回かやらなきゃ駄目だろう。で、まだ、それも、治験段階とか、あの、実験的な標準的じゃない医療方法で、そういうのはあるけれど、その焼ききるとかっていう方法。ただ、私の場合には、まあ、それを、自分でやりたければ、紹介はするけれど、やるとなったら自費で、で、それも、何回も何回もやってうまくいくかどうか分からなくて、やり終わって、あとが残ったりして、ものすごいお金がかかるなんていう話を、いろいろ聞いたりして。で、その焼ききる方法は無理だな。やっぱり、手術しかないなっていうことだったんですが…

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧