※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:48歳
インタビュー時:51歳(2009年3月)

首都圏在住。2005年6月に左乳がんと診断され、8月に皮膚温存乳房切除術、リンパ節郭清、広背筋皮弁による同時乳房再建術を受けた。乳がんと分かって、手術は同時再建と決めて、病院を転院した。術後抗がん剤治療後、ホルモン療法を開始。1年後に乳頭形成術を受けた。 夫と2人暮らし。フルタイムで仕事をしていたが、術後3年半ほどで退職した。

ただ、そのお医者さんに言われたのが、私の場合は、その中心部の浅い部分にできていて、ちょうど山の頂上の近くにできているんで、部分的にくり抜く、温存で部分的にくり抜けばいいっていうふうに言っても、砂場に山を作って、高い部分をくり抜いたら形が崩れちゃうっていうようなことを例えられたんですが、「とにかく、形は、大きく崩れます」っていうふうにはっきり言われました。で、「形を崩さずにおくのは無理です」っていう言い方をされて、で、私はとにかく、その形が崩れるっていうのは、もう絶対に嫌だっていうことしか頭になくて。もうその当時は、それ以外は何も頭になくて。それで、その形を崩したくないっていうことだけを思っていたので、いろいろと調べて、あの、全摘するんだったら、同時再建、乳房再建っていうのがあるので、それも、その、二期的再建ではなくて、手術と同時に再建をするっていう方法で、胸はとにかく、形は残すということで先生にお願いしました。
そしたら、そこの病院では、そのときに、その当時は、その同時再建はやってなかったんですね。で、そこの病院では、全摘なら全摘手術をして、2~3年経って、安全だって確認した…してから、形成外科の先生を紹介して再建するっていうこともありますよっていうような病院で、同時再建ということは、やってなかったので、同時再建をやってくださる病院を紹介していただいて、で、転院しました。転院先で、検査とか何かをして、手術に臨んだ形になります。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧