インタビュー内容テキスト

私が最初にその形成外科の先生に相談したときには、えーと、選択肢としては、まず自分の組織を使うか、えー、人工物を入れるかっていう選択肢がありました。で、その人工物っていうのは、私は人工物は嫌だなっていうのがすごく頭にあって、人工物はもう最初から拒否しました。ま、今になってみれば、そっちのほうがよかったかなっていう気もするんですけれど。でも、あの、その当時は、「人工物は嫌です」っていうのを最初に言いました。
「自己組織だったらば、背中の筋肉をとるか、お腹の腹筋をとるかどちらかです」っていうふうに言われて。で、あの、「背中の場合には、もしかしたら、その脂肪が足りなくて、胸が小さくなってしまう可能性もあります」っていうことを言われました。で、「お腹の場合には、お腹は、脂肪がたっぷりあるので、あの、大っきな胸はちゃんとしっかり作れるけれど、腹筋をとるので、まあ、場合によってはヘルニアとか何かの危険性もあるし。それから、腹筋が一つなくなりますよ」と。で、腹筋が、腹筋ってもともと二つぐらいあるのかな。の、まあ、「一つはなくなっちゃうんで、あの、ま、鍛えて、だんだんと周りの筋肉が、それを補うようにはなっていくけれども。でも、腹筋が取られるので、ちょっと不自由はしますよ。どっちがいいですか?」っていう形で、あの、言われて。で、それは、その入院、手術の前日に最終的、あ、手術の前日じゃないです、もうちょっと前だったんですけれど。で、あの、ちょっと時間をかけて、どう…どうしょうかなっていうのは考えました。
でも、お腹の筋肉、お腹から取る場合は、お腹に横に傷あとができる、おへその辺にっていうのも、何かお腹にできるのも嫌だな、背中の方が見えないななんていうような単純な決め方をしたんですが。あの、ただ、お医者さんに言われたのが、お腹の脂肪の場合、何か、脂肪もいい脂肪と悪い脂肪があるような言い方をされて。それで、そのお腹の脂肪をとる場合は、脂肪全部をとりあえずかき出して、使えるものだけ使う、使えないのは捨てるっていうような言い方をされたんですね(笑)。そうする、そうすると、その何か使えない脂肪も結構あるのかなっていうような言い方をされて。それで、そんなのもあって、お腹取っといてもらえばよかったんですけど、お腹じゃなくて背中を何か背中、背中って選んじゃったんですけれど。
まあ、今考えてみると。背中の違和感とか何かを考えてみると、人工物のほうがよかったかな(笑)っていう気もしないでもないんですけれど。でも、まあ、別に後悔とか何とかっていうことは一切ないです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言