インタビュー内容テキスト

精神的な面では、えー、その、私の職、ま、仕事を当時していたんですが、職場での上司がかなりワンマンな方で、私が病気になって「入院して手術します」っていうふうに、その上司に打ち明けたら、「戦力にならないな」っていうの一言言われて、それで「もう、いい、仕事しなくていいから」っていう、何かありがたいんだかありがたくないんだか。それで、あの、「家の近くに職場移してあげるから」っていう、いう形で、「もうおまえなんか必要ない」っていう言われ方をしちゃったのもありまして。それと、その術後のその治療の副作用とかもあったりして。で、その、年度が替わるところで、職場を実際に移されてしまって。で、その移った先で、まあ、あの、思った感じと違って、かなりいろいろ複雑な人間関係なとこだったので、1年ぐらいで、ちょっとうつ状態になってしまいまして。それで、職場は、まあ、出られなくなっちったんで、あの、ちょっと引きこもりぎみになってしまいまして、お休みをしてまして、で、結局、退職してしまいました。辞めてしまいました、仕事は。
その、「戦力にならないな」っていう吐き捨てるように言われたのがすごく嫌だったのと、それから、職場異動させられて、異動した先で、あの、ちょっと人間関係が駄目になって、で、通えなくなって、あの、休んじゃったんですけど。そこで、その上司が入れ替わって、替わった、新しく替わった上司の人に、面談したことがあったんですけどね。その人に、ま、病気のことを説明したら、言われたことが「乳房(ちぶさ)切り取っちゃったんですか」って言われて、それで、もうショックで。結局、それで、私、1ヶ月ぐらい眠れなくなっちゃったんですけれど。で、あの、精神科に通うようになっちゃったんですけど。そんな言葉を…あれは、一番ショックでしたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言