※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:48歳
インタビュー時:51歳(2009年3月)

首都圏在住。2005年6月に左乳がんと診断され、8月に皮膚温存乳房切除術、リンパ節郭清、広背筋皮弁による同時乳房再建術を受けた。乳がんと分かって、手術は同時再建と決めて、病院を転院した。術後抗がん剤治療後、ホルモン療法を開始。1年後に乳頭形成術を受けた。 夫と2人暮らし。フルタイムで仕事をしていたが、術後3年半ほどで退職した。

職場で、毎年やっていた婦人科検診っていうのは、あの、子宮がんの検診と乳がんの検診で、胸は、確か5千円ぐらい払って、超音波で調べてもらう検診です。それで、その超音波で、超音波で調べていただいて、触診と超音波で調べていただくんですが。私も10年以上ずうっとそれを毎年続けていて、それで、あの、以前ですと、その先生が何か、影が、何か変な影があったりしたときには、「ちょっと何か変だよ、ここの辺」っていうふうに、画像を見ながら、教えていただけて。で、そういうときには、そのあとに「ま、何か変な影が、ちょっとあるけど」って言われたら、その先の検査。マンモグラフィを撮りにいったり、それから組織を取ってもらったりということも、実際に、以前あったんです。で、そういうふうに教えていただければよかったのに、その最後の検診のときだけは、そのとき、たまたま、若い女医さんだったんですけど、「どうですか」って聞いたら、「あとで報告書を出しますから」で終わりだったんです。
それで、その最後の検診のときだけは、それまでは、その前の年までは、「どうですか」って聞いたら「今のところ大丈夫ですよ」とか、そういうやりとりがあったのに、最後のときだけは、「どうですか」ってお聞きしたら「報告書を出しますから」ということで終わりで。で、きた報告書には異常なしって書かれていたんです。それで、私は、異常ないものだって思って、ずうっとおいて、で、治療がある程度落ち着いたあとですね、乳がんになって手術して、抗がん剤だの何だのが終わって、落ち着いたときに、そういえばと思ってその報告書を出して、よく見たら、触診では何か異常があるけれど、異常、何かがあるけれど、超音波の結果異常なしっていうそういう診断、その報告だったんです。で、私は、その結果しか見てなかったので、別に問題ないと思って、自分で触りもせずに問題ないんだと思って、人まかせだったんですね。
で、あの、問題ないと思って数ヶ月経ってから、自分で触れてしまって、何これって思って発見したんですけれど。ですので、検診もその診てくださる方によっては、ちゃんと診てくださっているかどうかが、あと、その画像の読み取りっていうのも、技術が多分あると思うんですね。で、私のその患者仲間でも、そのしこりのないタイプのがんの方とか、いろいろなタイプがあるようで、経過観察しているうちにちょっと、早期発見にならなくなっちゃったとか、それから、結構その検診で見つけてもらえなかったとかいう方も結構いらっしゃるんですね。
ですので、あの、検診を受けるっていうことは、すごく重要なんですけれど、でも、検診だけで、全てが発見されるわけじゃないなというのもあるので、検診はもちろん受けていただきたいんですけど、それは、広く皆さんにもっと検診してねっていうのはあるんですけど。検診だけで安心しないで、自分でもよくこう触って異常がないか調べてみるとか、それから、何かおかしかったら、別の先生のところに、別の病院なり何なりに診てもらうとか、それから、専門医に診てもらう。乳腺の専門医、経験のある方と経験のない方では、その微妙に何か判断が違うみたいなので、やっぱり、その経験のある先生にもう何かおかしいなと思ったら、経験のある先生に診てもらわないと、見過ごされてしまうっていうこともあるんじゃないかな。
私は、とにかく見過ごされたと思って、腹が立ったときがありましたから、それはすごく思います。ですので、人任せにしないで、自分でも触ってみるとか、それから、検診相手もその選ぶとか、それから、おかしいなと思ったら、その専門医のところに行ってみて相談してみるとかっていうことは、あの、絶対やっていただきたいなっていうのは、広く皆さんに世間の皆さんに言いたいと思っています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧