インタビュー内容テキスト

それから、あの、その胸の再建のことなんですけれども。同時再建ということで、一番最初の手術のときに、背中の筋肉を取って、それから脂肪も腰の辺の脂肪も取って、胸を、皮膚だけそのままで中身だけ入れ替わったという形で胸を再建したんですが。私の場合は、その、乳頭、乳輪の部分は取ってしまっていたので、そこには、代わりに背中の皮膚がまあるくべろんと乗っかっていた状態だったのを1年経ったところで、えー、乳頭形成術というのを受けました。
で、その乳頭、乳輪を作るっていうので、いろいろなその選択肢があるんですが、自分の体のどっかの部分から持ってくるとか、反対側から持ってくるとか、いろいろあるんですが、私の場合は、もう痛いのは嫌だっていうことで、痛くない方法でやっていただきました。で、痛くない方法というのは、えー、胸の上にべろんと乗っかっているその背中の皮膚を、切れ目を入れて、何か縫い縮めて、作りあげちゃうというものです。で、その場の皮膚をやりくりして、で、何か作ってしまうということで、ほかに別に傷をつけないので、痛くはないんですが、唯、一つ欠点は、形が、あの、その皮膚がべろんと乗っかっていた何もない状態のときは、きれいな、えー、半円形を描いていたんですけれども、それが、あの、そこだけで作ってしまったので、ちょっと形が、円の上に何か、一番上をちょっと平らにおしつぶしたような感じに、ちょっと自分では感じています。ただ、痛くないので、まあいいやっていう感じです。で、もっとその形にこだわるんであれば、反対側から半分持ってくるとか、それから、体の下のほうから持ってくるとかっていう、あの、方法もあるそうなんですが、私の場合は、そういう形での、乳頭形成を受けて、それから、それがちょうどその術後1年経過後ですね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言