※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:48歳
インタビュー時:51歳(2009年3月)

首都圏在住。2005年6月に左乳がんと診断され、8月に皮膚温存乳房切除術、リンパ節郭清、広背筋皮弁による同時乳房再建術を受けた。乳がんと分かって、手術は同時再建と決めて、病院を転院した。術後抗がん剤治療後、ホルモン療法を開始。1年後に乳頭形成術を受けた。 夫と2人暮らし。フルタイムで仕事をしていたが、術後3年半ほどで退職した。

私の母が乳がんで手術をだいぶ前にしていましたので、私も、あの、まあ、気にしていて、それで、40になる前ぐらいから、職場の婦人科検診というのはずうっと毎年受けていまして。それで、この乳がんになる直前にも、やはり婦人科検診を受けて、それで、超音波でちゃんと(乳がんの)チェックはしていただいて、異常なしという、えー、ま、結果報告書はもらっていました。
ただ、その、半年、10ヶ月後ぐらいに、自分でなにげなく触ったら、胸に、何かソーセージのような塊が、触れてびっくりして、変なもんがある。で、もうすぐにこれはおかしいと思って。で、病院をどうしようかっていうのを考えて、どこの病院がいいか。その検診を受けたところでは、「異常ない」って言われていたので、あんまり小さいところでは当てにならないと思って。専門の病院をどうしようって思って。専門の病院を探すのに1ヶ月ぐらいかけて。で、インターネットや何かで、ここならいいんじゃないかという専門のところをみつけて、そこに電話をして、で、診察を受けて、確実にがんになっているっていうのが分かりました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧