※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー47

診断時:48歳
インタビュー時:51歳(2009年3月)
首都圏在住。2005年6月に左乳がんと診断され、8月に皮膚温存乳房切除術、リンパ節郭清、広背筋皮弁による同時乳房再建術を受けた。乳がんと分かって、手術は同時再建と決めて、病院を転院した。術後抗がん剤治療後、ホルモン療法を開始。1年後に乳頭形成術を受けた。 夫と2人暮らし。フルタイムで仕事をしていたが、術後3年半ほどで退職した。

詳しいプロフィールを見る

私の場合は、(体の)左右のバランスが何か悪くなった感じします。で、背中に傷があって、で、左側の、腰の後ろ側の部分なんですけど、うーん、触った感じではちょっとえぐれているような気がしないでもないです。で、傷あとも背中にちょっと長めに残っていますし、で、まあ、手術直後は、座っているのが大変だったんですが。まあ、それでも、だんだん慣れてきて、えー、今普通にしていますけれど。ただ、体のバランスは、どうしても、その左右のバランスは、何かちょっと悪いかなっていうのと。それから、その傷あとで引きつれた感じみたいなのは、どうしても、いつも、ずうっと残ってはいます。ですから、背中、自分の背中を傷つけているので、まあ、仕方ないんですけれど。でも、まあ…、周りの筋肉を鍛えればいいとかっていう、その筋肉って取ったら、なくなっても、ほかの周りの筋肉が、あの、補うとかっていうのを聞いたので、できるだけ、そのストレッチとかして、で、周りの筋肉を少し、あの、鍛えな、鍛えたいなっていう目…目標であってなかなかできないんですけれど(笑)。ただ、あの、ストレッチとか何かしたりしていきたいなっていうのは思っています。
それと、あと、あの、背中の筋肉を胸に持ってくると、その筋肉の使い方が変わるので、あの、何年か経つと縮むっていうのを何かで見たことがありまして。で、ちょっとそれが恐怖で、せっかくその背中に傷あとまで作って、大きな傷あとで、バランスが悪くなったりとか、何か変な違和感とかがあるんですけど。そういうことまでして作った胸が、縮んだら困るっていうのが、すごくあって(笑)。それで、少し筋肉鍛えなきゃ、ストレッチしなきゃっていうのは、頭の中からは消えないんですが。ですので、ちょっとその、えー、縮まないようにしなきゃっていうのはあります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11085 (17) { ["term_id"]=> int(25) ["name"]=> string(15) "乳房再建術" ["slug"]=> string(6) "saiken" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(25) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(25) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房再建術" ["category_nicename"]=> string(6) "saiken" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る