インタビュー内容テキスト

個室の費用を抜いた純粋なその手術の費用って、多分20数万円ぐらいじゃなかったかなと思います。で、そうすると、あの、普通の、ただのその全摘の手術、大体2~3時間ぐらいで終わるらしいんですが、その手術と比べるとあんまり金額変わらずに9時間の、あの、同時再建、9時間かかりましたけれど、人件費も相当かかっているだろうなと思うんですが。それも、含めても、全摘の手術と同時再建含めた手術と金額はほとんど変わらないんじゃないかなという気がしています。
自己組織、自分の体の組織を取っての手術だと、保険が利くので、そんなに費用はかからなくて済みます(*)。それから、そのあとに受けた、えー、乳頭形成術も、外来手術も可能だって言われたんですが、その手術したあとに、混んだ電車に乗って、家に帰ったり、また通ったりっていうの嫌だったので、確か5日間位入院、泊めてもらったという感じでだったんですが。で、その手術のときで、それも保険適応でした。あの、自分の皮膚組織の中で、やりくりして、乳頭形成したので、それも保険適応で5日間ぐらいで、いくらぐらいだったかな、10万ぐらいだったかな。でも、保険の範囲で、あの、手術できました。
ただ、私の場合、保険が利かなかったのは色をつける。乳頭乳輪で色をつける入れ墨、それは、あの、保険きかないので自費でやりました。で、そのときに、個人輸入した、えーと、染料、色とそれから針が3万円ぐらいだったかな。確か3万円ぐらい、あの、ドルだてだったんですけど3万円ぐらいの金額の、でした。それに、そのとき、その入れ墨の手術自体は、保険適応きかないので自費になります。で、それが、1回、1万5千円ぐらいだったかな。で、それを2回やりましたので間をあけて。それなので、えーと、その個人輸入した染料と針が3万円に、1万5千円の手術費が2回分で3万円、6万円ぐらいは自由診療のような形で、あの、支払ったんですけれど。そんなものですね。

*2013年7月より自己組織を使った場合に限らず、シリコン製のインプラントを入れる二期的再建手術の場合でも健康保険が利くようになりました。ただし保険適用対象となるには、認定医療機関であることやインプラント等の種類に制限があります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言