インタビュー内容テキスト

で、私はその同時再建を、背中の筋肉、広背筋という背中の筋肉を前に持ってきて、で、再建するという形の同時再建を行なっています。広背筋皮弁という形での、再建を行ないました。で、えーと、その日は、その9時間ぐらいかかって、で、とにかく、左胸を、皮膚はそのまま残したまんまですので、えー、上から、ま、ぱっと見たぶんには、皮膚は、元通り、そのまんまなので、全然分からないぐらいの感じで、で、その、傷あとも脇に近い、胸の横側に縦に、まあ、10センチぐらいの、跡が、一応は、もう、だいぶ薄くなっているんですが、一応、縦に…横に切れ目を入れて、で、そこから、中身を、まあ、かき出して、で、背中のほうの筋肉、背中にはちょっと傷あとは、あの、少し長めに残っているんですが、背中のほうから、筋肉とそれから、えー、脂肪を、持ってきて、で、胸を作って、で、作り上げて、形を整えたっていうような手術を行いました。で、ただですね、私の場合、その中心部のほうに、(がんが)あったもんですから、乳頭を残すことができなかったので、乳頭、乳輪はなくなっちゃって、それで、その、皮膚は残っているので、上から下を見下ろしたときに、胸はそのまんま、あの、ある感じではあったんですが、ただ、左、えー、その手術をした左胸のところだけは、中心部は、背中の皮膚がぺろんと白く、まあるく白くぺろんと乗っかっている状態で、でも、それ以外は、全く、前とそんなに変わらないような感じの胸に、まあ、仕上がり、仕上がったんですけれども、まあ、そんな手術をしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言