インタビュー内容テキスト

で、手術が…、だから、治療を始めて、えー、5ヶ月後ですね。手術日が決まりました。で、まあ、手術に関しては、そんなに不安はなかったんですけど、私は、あの、子宮筋腫の手術もしてますんで、全身麻酔で手術を受けることに関しては、そんなに不安はなかったんですけど。ただ、主人が一人で、待合室で待ってるのを思うとね、ちょっとかわいそうかなと思いましたけども。まあ、そんなことで、手術も無事に終わりました。
 手術後も、吐き気もなくって、えー…一晩ですかね。いろんな線につながれておりまして不自由でしたけども、もう翌日は本当に、患部も全く痛みもなくって、おそるおそる、胸を見ましたら、ブラジャーの半分…半分だけのブラジャーのようなのをされておりまして、そっと手を触れてみたんですが、なにがしかふくらみも残っておりまして、「ああ、やっぱり乳房は残ってたんだ」と思って、何かほっとしましたね。はい。
 で、全然痛みもなくって、抗生物質の点滴とか、お薬服用しながら、入院生活でしたけども、とても順調で、食事もおいしくいただいて、えー、5日目に私は退院を、することができました。もう先生も…「もういいよ。帰りたいなら帰ってもいいよ」って言われたんで、「もう帰ります」って(笑)。個室でちょっとさびしかったもんですから、5日目に退院をいたしました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言