※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:65歳(2008年6月)

中国地方在住。2005年に自分でしこりを発見。自宅近くの総合病院に受診し、左乳がんと診断された。術前化学療法を行い、病期が2期から1期になり、乳房温存術+センチネルリンパ節生検を受けた。 夫と2人暮らしの主婦。息子2人は自立して遠方に住んでいる。

で、05年の6月2日に、その医療機関を受診しました。で、「どうして来ましたか?」っていうことだったんですけども。「自分で触って、しこりがあると感じました」っていうことで、もうその日のうちに、エコー、マンモグラフィ、触診、細胞診までされてしまったんですね。で、私がそのときに先生に、先生から、「乳がんですよ」って言われるまでに、私のほうからもう、そういうもろもろの一連の検査が終わりましたもんですから、確信したもんですから、明るく言ったんです。「先生、私、もう立派な乳がんですよね」って言いましたら、先生のほうが、逆に驚いたような様子で、「でも、まだ分からないよ」っていうふうに言われましてね。次の検査を予約をして、その日は帰ったんですけどもね。
で、それから1週間後がもろもろの検査ありました。MRIとかCTとかあって。その日に、実は看護師のほうから、「ボランティア室に行ってみない?」って声掛けられました。で、患者さんたちが、経験者もたくさんいるし、待ち時間、検査と検査の間、待ち時間あるもんですから、「その間、ちょっとのぞいてみたら?」っていうことで声掛けを頂き、ちょっと不安ではありましたけどのぞいてみました。そこには、乳がんを体験された方、おられたり、看護師さんもおられたりして、まあ、いろんな、お話をその場でも伺ったんですね。で、「ああ、こういう会があるんだ」と。で、「乳がんの患者さんも結構いらっしゃるんだ」っていうようなことで、「なった以上は、これから前向きに治療に向かっていかなきゃいけないな」と思いましたね。
それから「2週間後にすべての検査の結果が出るので、家族と一緒に来てください」っていうことでした。もう絶対間違いないと確信しました。でも、先生は「大丈夫?」って逆に先生のほうがね、私を気遣ってくださいましたね。
そのときに、先生から資料を渡されました。「乳がんを宣告されたあなたに」。これを頂いたときに、100%そうだろうというふうに思いましたね。でも、このときの資料は、この日、見れなかったですね、何となく。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧