※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー13

診断時:62歳
インタビュー時:65歳(2008年6月)
中国地方在住。2005年に自分でしこりを発見。自宅近くの総合病院に受診し、左乳がんと診断された。術前化学療法を行い、病期が2期から1期になり、乳房温存術+センチネルリンパ節生検を受けた。 夫と2人暮らしの主婦。息子2人は自立して遠方に住んでいる。

詳しいプロフィールを見る

やはり主婦ですのでね、やっぱり家事はするものだというのが、概念としてずっとあるじゃないですか。私も、主婦歴長いですし、家事は、自分がするものだと思って長年やってきて、62歳までやってきてね、突然、何かね、副作用でね、何かだらだらしてるとね、何かなまけてるようでね。家のお掃除も、何か普通だったら隅々までできるのに、体がしんどいがために、何かもうやりたくないし、台所もぐちゃぐちゃだけど、もうそんなんする気力もないし、食欲もあんまりないから、ご飯作るのも何か嫌で、億劫でっていうのはあるんですよね。だけど、それが逆に、ストレスになることってあるんですよ。だから、ほかの方もそうだったと思うんですけど、私もそれがストレスだったんですね。
 でもね、ある日ね、考え方変えました。ああ、私、病気なんだし、もうできないことはできないし、掃除ね、ごみたまってても死にゃしないしね、もうそれであきらめようと思って。で、食生活もね、やっぱりちょっと、こうバリエーション変えたほうがやっぱり食べる気にもなるんで。で、お酢のものとか割と食べやすいんで、「じゃあ、今日、あのー、回転寿司に行こう」とか、ちょっとこう変えて、気分変えてしたら、ちょっと食べれたりとか、ああ、これだったら食べれるなと思って食べたりとか、そういうふうなことしたりとかして、まじめな主婦業をちょっとさぼることに、抵抗感じないように。もう私は、もう今、治療中で頑張ってんだから、もうそっちはちょっと二の次でということで。
 主人と別に相談したわけでも、話したわけでもないんですけども、まあ、主人にも、「今日はもう出来合いを買ってきて」って言ったら買ってきますし、そういうことでね、甘えちゃいましたね。で、そしたら、肩の荷がすっと下りちゃって、ああ、もうこれでいいんだと思って。またできるようになったらね。できなかった部分をまた頑張ればいいんだしと思って…。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12193 (17) { ["term_id"]=> int(26) ["name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["slug"]=> string(9) "kouganzai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(26) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(33) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(26) ["category_count"]=> int(33) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "抗がん剤・分子標的薬の治療" ["category_nicename"]=> string(9) "kouganzai" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る