インタビュー内容テキスト

やはり主婦ですのでね、やっぱり家事はするものだというのが、概念としてずっとあるじゃないですか。私も、主婦歴長いですし、家事は、自分がするものだと思って長年やってきて、62歳までやってきてね、突然、何かね、副作用でね、何かだらだらしてるとね、何かなまけてるようでね。家のお掃除も、何か普通だったら隅々までできるのに、体がしんどいがために、何かもうやりたくないし、台所もぐちゃぐちゃだけど、もうそんなんする気力もないし、食欲もあんまりないから、ご飯作るのも何か嫌で、億劫でっていうのはあるんですよね。だけど、それが逆に、ストレスになることってあるんですよ。だから、ほかの方もそうだったと思うんですけど、私もそれがストレスだったんですね。
 でもね、ある日ね、考え方変えました。ああ、私、病気なんだし、もうできないことはできないし、掃除ね、ごみたまってても死にゃしないしね、もうそれであきらめようと思って。で、食生活もね、やっぱりちょっと、こうバリエーション変えたほうがやっぱり食べる気にもなるんで。で、お酢のものとか割と食べやすいんで、「じゃあ、今日、あのー、回転寿司に行こう」とか、ちょっとこう変えて、気分変えてしたら、ちょっと食べれたりとか、ああ、これだったら食べれるなと思って食べたりとか、そういうふうなことしたりとかして、まじめな主婦業をちょっとさぼることに、抵抗感じないように。もう私は、もう今、治療中で頑張ってんだから、もうそっちはちょっと二の次でということで。
 主人と別に相談したわけでも、話したわけでもないんですけども、まあ、主人にも、「今日はもう出来合いを買ってきて」って言ったら買ってきますし、そういうことでね、甘えちゃいましたね。で、そしたら、肩の荷がすっと下りちゃって、ああ、もうこれでいいんだと思って。またできるようになったらね。できなかった部分をまた頑張ればいいんだしと思って…。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言