※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:65歳(2008年6月)

中国地方在住。2005年に自分でしこりを発見。自宅近くの総合病院に受診し、左乳がんと診断された。術前化学療法を行い、病期が2期から1期になり、乳房温存術+センチネルリンパ節生検を受けた。 夫と2人暮らしの主婦。息子2人は自立して遠方に住んでいる。

検診っていうのは従来からも受けてはおりましたけど、特別、乳がんに対する検査で、今、マンモグラフィが当たり前になってますけども、当時はまだまだ、乳がんに関する検診の内容は、触診と、まあエコーぐらいですね。そのぐらいしかなかったんですね。で、田舎に帰る前までは、一応、サラリーマンの妻っていうことで、検診がありましたので、それは受けておりまして、まあ別に、乳房に関して異常があるっていうふうなことは聞いてなくって、安心はしてたんですが、田舎に帰りましてから、そういうサラリーマンの主婦ではなくなりましたので、そういう検診に参加する機会が全くなかったんですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧