※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー13

診断時:62歳
インタビュー時:65歳(2008年6月)
中国地方在住。2005年に自分でしこりを発見。自宅近くの総合病院に受診し、左乳がんと診断された。術前化学療法を行い、病期が2期から1期になり、乳房温存術+センチネルリンパ節生検を受けた。 夫と2人暮らしの主婦。息子2人は自立して遠方に住んでいる。

詳しいプロフィールを見る

主人は「見たい」とも言いませんし、私も「見て」とも言いませんし、何となくどちらも遠慮してるんですかね。手術して2年半、告知をされて3年、いまだに、ないですね。見せもしませんし、見たいとも言いませんし、「見て」って言うのも…。私は満足しててもね、夫がどう思うのかなと思ったりするんで、何となくタブーかなっていうふうな感じですかね。はい。
実は、夫は、短歌を作ったりするんですね。で、妻が乳がんになってっていうことで、短歌を作って、たくさん作ってくれてるんですね。あるとき、ぱっと見せられて、夫の思いがこうだったんだっていうのが分かっちゃって、じーんと来ましたね。先ほども申しましたように、毛が抜けたときのことだとか、私が病気で闘ってる様子だとかを歌にして、パソコンに入れてるんですね。だから、それを見たときに、言葉とか態度にそんなにしょっちゅうね、出すわけではないけども、やっぱり思っててくれたんだなと。逆に、病気になってからのほうが、ある意味では優しくなって、信頼関係もより増してるんじゃないかなというふうに思いますね。
そういうふうに思いますと、私が乳がんになったことは、すごいプラスのことが多いじゃないですか。ね、そう思って…ありがたいなと思ってますし、まあ、なるものはしょうがないんですけども、私自身、大事にね、自分を大切に生きていきたいなと。そして、二人の関係もね、大事にしていきたいなと、そんなふうに思ってます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12189 (17) { ["term_id"]=> int(36) ["name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["slug"]=> string(4) "otto" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(36) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(12) ["count"]=> int(22) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(36) ["category_count"]=> int(22) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(45) "からだ・心・パートナーとの関係" ["category_nicename"]=> string(4) "otto" ["category_parent"]=> int(12) } }
同じテーマの語りを見る