インタビュー内容テキスト

治療中にね、やはり抗がん剤を受けると、がんがあるところが反応してくれるんです。何ていったらいいのかな。熱くなったりね。感覚が分かるんです、がんのところが。何だか感じるものがあるんです。
で、時々、何でもない日もあるんです、そういうふうなこと。「あら、今日は抗がん剤はお休みかな」なんて思ったりもするんですね。で、熱くなったりすると、「あ、抗がん剤が効いてるな…」と思ったりね。実際、そうかどうかは分かりませんよ。でも、寝ててもちくちくちくっとしたりね、熱くなったりするんですね。
で、他のお友達もそう言ってましたけど、「もうすっごい熱いんじゃけど、どうなっとるんじゃろうか」とか言うんですね。「それは効いてるんじゃないの」とか言うんですけど、それは正しいかどうかは分かりませんけどね。私自身も本当に、「ああ、何か…」って反応があるんですね。そういうちくちくちくとか、熱くなったりとか、火照るようなね。感じるんですよ。「効いて小さくなーれ、小さくなーれ」とね、お願いをするようなこともありますよ。はい。で、「今日は、あら、どうしたの。今日はお休みなの?」って言ったりね(笑)。静かで何とも感じないときもあるんですね。「あら、今日、どうしたの。今日は抗がん剤どうなってるのかな?」と思ったりね。「あら、もう(抗がん剤の効果が)なくなったのかしら」と思ったりね。勝手に思ったりしてね(笑)。胸に触って、語りかけたりしてね。そんな日々が懐かしいですね。もう3年も経ってますけども。はい。そんな状況でした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言