インタビュー内容テキスト

とても優しい先生で、語り口も柔らかいということもありましたが、まず、がんだということ、悪性だということ、手術が必要だということをお話になったときに、「3つの選択肢があります」とおっしゃいました。
で、まず、今、まあがんだというふうに診断を聞いて、頭が真っ白になっているかもしれないから、このまま、まずすぐ家に帰るって、それでゆっくり考えるっていう選択もあります。
で、2番目は、じゃあ、うちの病院で手術をする気で入院の予約をして帰るという選択。
3番目は、納得もできないし、いろいろこう調べたいから、セカンド・オピニオンを取るから、別の病院に行くという選択がありますというふうにおっしゃったんですね。資料は、貸し出しますって、言ってくださいました。
で、私はとても何て親切なのかしらというふうに思ったんですね。ああ、こんなに、まあまあがんだというのも、私は初めてのもちろん経験ですが、それまで、まあいろんな病院でいろんなことでお世話になったときに、なかなかそういう患者の気持ちを考えながら、治療方針をこう患者が主体的に選び取るというふうな、この幾つも、それも選択肢も示すというのはなかなかほかの病気やけがや、何かのときにはなくて、「こうします」「ああします」って、割とパンッと言われて、そのとおりにベルトコンベヤーのように流れてくということが今までは多かったので、違う、やっぱりがんって違うのかなあなどと思いながら。そして、とても、その先生を信頼する気持ちになって、「いや、お願いします」というふうに返事をして、で、入院の予約をして、その日は帰りました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言