インタビュー内容テキスト

で、入院の予約をして、その日は帰りました。さすがにちょっと会計で待っている間に、夫にメールを入れて、「がんだったわ、入院の予約をした」というような報告をして。そしたら、夫が「まあ一緒に治していこう」というふうな返信をしてきて、「きょう、何かおいしいものでも食べに行く?」っていうふうに、送ってきたんですね。で、その後もそうだったんですけど、何かこう私が落ち込んでいるようなタイミングで、何か連絡を入れると、必ず「何かおいしいものを食べに行こう」というような返信の仕方をしてきて、それしか思い付かないのかなと思いながらも、まあ彼の、そうですね、精いっぱいの何かこう励まし方というか…なんだなと思って、それはそれで嬉しく思いました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言