インタビュー内容テキスト

まず、最初に吐き気止めですね。吐き気止めの点滴を小さな点滴を1本入れてから、先ほどの抗がん剤を点滴しました。そこの部屋に、お注射をする特別にする先生がわざわざ注射針を刺すためだけにいらっしゃって、とても本当に注射の上手な先生ばかりで、最後だんだん、何週、何回も続けていくと血管が硬くなってしまって大変だったんですけれども、とても皆さんお上手な先生でありがたかったなあと思いますけれども。ただ、それまでと違ったことは、乳がんの手術をしたほうの術側の腕は、点滴に使えないんですね。どうしても感染ですとか、心配なので、術側は使わないというのが原則だそうで。ですので、私の場合は左が手術をしたほうなので、右側の腕だけで点滴しましたので、採血も右側だけ、点滴も右側だけだったので、どうしても使える箇所がだんだんだんだん減ってきて、普通だったらば交代交代に点滴をしたらいいんでしょうけども、それができなかったので、最後のころはとても血管のよく出る腕だったんですけれども、なかなか出なくて手の甲だとか、あまりしてほしくないような、内側だとか、血管を探して刺すことになりました。まあでも、まだ何とかできたのでいいほうだったと思っています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言