インタビュー内容テキスト

あとは、脱毛するというのが分かっていましたので、かつらをどうするかっていうこととか、そんな心配を直前にはしていて、幾つか用意していました。また、友人が「もう自分は抗がん剤が終わったから」と言って送ってくれたかつらもあったり、自分で買い求めたものもあったり、あとは夏目雅子さんの「ひまわり基金」というのがあって、そちらでウィッグをレンタルしてくださるんですね、無料で。そこからも借りたりとか、結局、結局なかなか、何だろうなあ、今の若いお嬢さんは別なのかもしれませんけど、エクステンションとか、ウィッグの生活をしてきてないので、どういうのがいいのかも自分でもイメージがこう沸かなくて、結局は何かお店で試着するには勇気が要りますよね、自分でもう髪がないわけですから。なので、結局買ってきて、家で付けてちょっと違うかなあとかっていうことが、ありまして(笑)。うーん、そんなのを気にせずに試着すれば良かったのかなあなんて、今になってみれば思うんですけどもね、なかなか難しかったですね。で、帽子もそれまで、今はこんな毛糸の帽子をかぶっていますが、それまではあまり帽子をかぶる生活をしていなかったので、手元にはなかったので、いろんなものを買い求めて。で、この、今している、これも部分のウィッグなんですね。これは面白くてですね、通信販売で求めたんですけども、フルウィッグではなくて、部分ウィッグで、頭の部分、この帽子からで隠れている部分はメッシュの帽子の、本当に帽子、すっぽり上からかぶる帽子のような形になっていて、で、この見える部分だけが部分的に、髪が付いているんですね。なので、普通のかつらと違って長時間着けていてもとても楽ちんなんです。すぽっとかぶって、そして自分で好きなように何かバンダナでもいいんですけども、好きな帽子を合わせることができてとても重宝しています。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言