※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:45歳
インタビュー時:46歳(2008年2月)

首都圏在住。2007年に左乳房切除術とリンパ節郭清術、術後抗がん剤治療を受けた。現在はホルモン療法を行っている。友人の会社で不定期に働いており、治療中も体調に合わせて、週一度くらいのペースで勤務していた。高校生の息子2人と夫の4人暮らし。

とても優しい先生で、語り口も柔らかいということもありましたが、まず、がんだということ、悪性だということ、手術が必要だということをお話になったときに、「3つの選択肢があります」とおっしゃいました。
で、まず、今、まあがんだというふうに診断を聞いて、頭が真っ白になっているかもしれないから、このまま、まずすぐ家に帰るって、それでゆっくり考えるっていう選択もあります。
で、2番目は、じゃあ、うちの病院で手術をする気で入院の予約をして帰るという選択。
3番目は、納得もできないし、いろいろこう調べたいから、セカンド・オピニオンを取るから、別の病院に行くという選択がありますというふうにおっしゃったんですね。資料は、貸し出しますって、言ってくださいました。
で、私はとても何て親切なのかしらというふうに思ったんですね。ああ、こんなに、まあまあがんだというのも、私は初めてのもちろん経験ですが、それまで、まあいろんな病院でいろんなことでお世話になったときに、なかなかそういう患者の気持ちを考えながら、治療方針をこう患者が主体的に選び取るというふうな、この幾つも、それも選択肢も示すというのはなかなかほかの病気やけがや、何かのときにはなくて、「こうします」「ああします」って、割とパンッと言われて、そのとおりにベルトコンベヤーのように流れてくということが今までは多かったので、違う、やっぱりがんって違うのかなあなどと思いながら。そして、とても、その先生を信頼する気持ちになって、「いや、お願いします」というふうに返事をして、で、入院の予約をして、その日は帰りました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧