※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)

近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

薬の種類にもよるんでしょうけれども、どっちかというと、あのー、わたしは低血圧のほうなんですよ。大体、110の70ぐらいなんです。ところが、薬を変えられることによって、あのー、動悸息切れ、これが頻度が多くなった、あのー、時期があるんです。

―――えーと、ホルモン剤の種類。

薬の種類でしょうね。だから、それは、あのー、そのときに、先生に言うて、「実は、最近、こういうふうに、階段登っても、あのー、動悸息切れがするんですよ」って、「これ、薬の影響あるんですか」って言われたときに、「そうだね。薬の影響あるけどねえ」ってひと呼吸おいてから、「年齢のせいもあると思うけど」って言われちゃって(笑)。だって、わたし、そういうマラソンやっているような、主治医の先生知っていますからね。うん、そういう、マラソン、ちょっと階段登って動悸息切れしていたら走れないですからの。だから、おかしいなとは思っていたんですけども、まあ、まあ、それぐらいかな。あとは、男性だから、うーん、その困ったとか、うん、こんな体験したいうの、正直言うて、ないですね。うん。

―――その動悸息切れは、自然に治ったんですか。

ですね、はい。

―――薬は、そのまま。

えーとね、替えているかもしれません。うん、いや、ある日突然、あのー、行ったらね、ぽっと替わるとき、替わっとるときありますんで、あれ、今まで、ああいう薬飲んでたのに、何でこんなんこれだっていう部分があるんで。まあ、その辺は、ある程度考慮して、処方してくれているのかなっていう気はします。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧