※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)

近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

だから、1回目の手術から3回まで同じ主治医の先生で同じ病院でやっています。

―――そこの病院は、あのー、ご自身で、こう、選ばれて、ここがいいなっていうことで行ったんでしょうか。

あのね、これは、わたしが、いわゆるその生命保険というか、入ってる、いわゆるそっちの関連で、何とかの病院で1ぺん診てほしいなっていうのがあったんです。ところが、そういう、あのー、生保といわゆる医療とは分離しているんですよね。だから、そういう生命保険、うちの関連あれで入っていても、ね、言うたらどっか紹介状がないと駄目ですよとかっていう状態だったんです。うん、でも、みんなきれいな病院だし、うーん、1ぺんあすこっていうことで、うん、まあ、そこにお願いしますいう具合に頼んだんですけども。

―――そこは、まあ、乳がんになったからっていうのではなくて、その前からかかるんならそこがいいなっていうようなものをもっていて、そこにしたという感じですか。

そうですね。あのー、基本的に、だから、おうちの近くの病院いうのは、それなりに、あのー、便利だったし、あのー、よかったんですけども、やはり、その病院もね、いろいろ経営難で、「これやってください」言うたら、「ごめん、もうその機械売っちゃった」言って「レントゲンはあるけどね」とかね。うーん、だから、だんだんそういうクリニック的な、だから、入院患者も、ほとんど受け入れないでっていうふうに、どんどんどんどん、うーん、なっちゃって。今はもう使っていないですけども。

―――そうなんですね。分かりました。じゃ、もう、その最初に行った病院で、今までお付き合いできるようないい主治医に出会えたっていうことなんでしょうかね。

そうですね、はい。それも、あのー、感謝しています。ですから、…まあ、先生から言ったら、ねえ、10年このかた、うん、まあまあ、でも、それなりに、だから、走る、今度、先生、走りまっせ。うん。そういうのもひっくるめて。それから、まあまあ、これもめぐり合いかなと思っていますんですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧