※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)

近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

2回目の場合、これが、あのー、いわゆる再発だったんです、転移じゃなくて。ですから、再発でしたんで、とりあえず、これはもう定期検査で分かって、で、手術も、これ日帰り、入院なし。ところが、今回は、もう、「薬治療(ホルモン療法)は駄目ですよ」と。「抗がん剤治療してください」言うて。6回ぐらいかな、半年ぐらい。これやるはずだったんですけど。1回目の抗がん剤治療で、1週間たたないうちに、全部髪抜けちゃったんですよ。

それで、当然、これ、次のアメリカ出張のときにかつらを作ろうかと思ったんですけども。まあ、そこまでしてなあ、隠しだてする必要あるかなということで、バンダナ…バンダナ巻いて、それで、食事のときだけは、ね、男性ですんで、帽子と同じように、これ外したら、みんなびっくりしちゃって……。どうしたんだって言ったら、もう、そのあとが大変だった。「こんな薬が、こんな飲み物がいい」かな言うて、「飲め」言うて、アメリカ何かから送ってくるんですよ。だから、そういう要らぬ、その心配をかけたくなかったいうのが本当なんですけども。残念ながら2回目の場合はね、これはもう先生に言われて、抗がん剤治療せざるをえんかったっていうのが、最終的にはお客さんに分かっちゃったなっていう…

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧