インタビュー内容テキスト

一番最初に、やはり危惧したのは、どうしても抗がん剤治療すると、髪の毛抜けちゃうんですよね。で、とりあえず、1回目の手術のあと、どういうふうな治療法があるかということで、わたしが選択したのがいわゆる薬の治療(ホルモン療法)、で、抗がん剤は打たないということで、手術して1週間で退院して、えー、国内も海外も誰にも言わずに、いわゆる入院して手術して退院したんです。

会社には、当然、これ1週間休みとるし、あのー、電話は携帯のほうに電話するようにということで。あと、もう、病室にパソコン持ち込んで、で、そこから返事を出すというかっこうとっていましたんで。基本的には、もう、取引先もメーカーさんも(がんになったことは)分からないという状態で、1回目はね、やったんです。

基本的に、まず、そのお見舞いやって来られるのが、一番、わたしとしたら、うん、あのー、ま、迷惑をかけるなっていう部分があったんで。それから、あのときは、とりあえず、そうですね。うちの事務所が、えー、新しいほうに移るときだったんですよ。で、それが、ちょうど退院した次の日の日曜日だったかな。土曜日に退院して、日曜日に、だから、知らない顔して。もちろん、その取引先もお手伝いに来ていましたから。それから、全然何も知らない状態でもうお付き合いしていたっていう。だから、あんまり、その不用意に心配かけたくなかったしっていう。それが一番大きかったですね。

―――何か、その、お話になることで、まあ、心配をかけたくなかったていう以上に仕事に影響するとかっていうようなことはあったんでしょうか。

あのね、基本的にうちの場合は、95%以上が輸出なんですよ。ですから、直接的にその心配っていうのはないとは思うんです。仕事に影響はないと思うんですけども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言