※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)

近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

一応、男として、まず、家庭というものが、えー、通常通り、ね、維持できること。それから、まあ、わたしの場合は、一応小さいながら会社経営していますんで、会社というものの、いわゆる、その商売というものがいかに安定した状態で、万が一、わたしに何かがあっても、いわゆる継続して、その営業できるかっていう部分だけ。ほかの部分では、あまり、何ていうかな、心配していなかったですね。もうそこだけ。だから、そういうふうになるようになれば、まあ、あのー、いざというときに、でも、ちゃんと、みんな、皆さん乗り越えられるかなっていう気はしていましたんでね、はい。

―――その、維持していこう、家庭のこと、会社のこと、そのために、何か特別なさったこと、周りの人に働きかけたりとか、ご自分で気にかけたりとか。

(笑)何もないです。あのー、これ繰り返しになりますけども、いわゆる、その他人に依存をまずしない。それから、いわゆる、そのー、自分の将来というのは、自分が切り開いて自分が結論を出さないと、駄目と思っていますんでね。だから、そういう意味では、誰かに言うてって、いうようななかったですね。ええ、全く、その病気以外のことであれば、あのー、ざっくばらんに相談したりとかっていうのはあります。これは、なぜかというと、そういう利害関係が何も出てこない…ものごとであれば、そういう、あのー、相談したりとか、話したりとかっていうのはしますけども、それによって、やはり、みんなどちらかが、いわゆる、その利害というものが出てくる発生するんであれば、基本的には、わたしは、そういうものは、依存しないっていう方法なんで、方法というか方向なんで、はい、言わないですね。だから、こうなったら、あのー、こういうふうにしてなとかっていう、そういう依頼はもちろんしないし、病気になったことによる、その相談ごというのは、ほんとになかったですね。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧