※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)

近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

抗がん剤、治療しちゃうと、どうしても、それの影響で、あのー、便秘になりがちであると。ところが、その便秘がむちゃむちゃ出ないんですよね。

―――もともと便秘気味とかだったんですか。

いえ、いえ、もう1日1度は、あのー、ちゃんとおつうじがあるっていうほうなんで。ええ、もう、それこそ、2日も3日もなんていったら、わたしは耐えられないほうなんで。だから、それはもう先生に言ってもなかなかうまいことっていうのはなく、あの苦しさっていうのは、また違う意味でね、ありましたけども。別に今振り返ってどうのこうのいうのは正直言ってないですね。

―――その便秘は、そのときのことで、あのー、結構なんですけど、どういうふうに対処されたんですか。

あのー、友達に実はこうこうこうやでと言ったら、「こんなもん使ったらどうや、あんなもん使ったらどうや」って。それは、試したんですけども、駄目です。

―――それは、何か、こう民間療法的なとか、下剤とか、あのー、漢方とか。

そうです、そうです、やってみたんですけど、あれは、また違う苦しさがありますね。

―――最終的には、病院でもらう下剤とかですか。

えーと、最終的には、それでもって、何とか、おつうじが、通じたという。えー、…苦しかったですね。

―――その時期っていうのは、抗がん剤を1カ月に1ぺんぐらいやるじゃないですか、その時期ずうっと苦しい状況なのか、何か、こう、波があるんでしょうかね。

えーとね、いったん、ですから、あのー、初めて、必ず1回目の抗がん剤の治療をしたら、自分が何を感じたかっていうのメモしとくんですよ。で、次のいわゆる、あのー、抗がん剤治療するとき必ず面接ありますから、主治医の先生と。実は、1回ね、こうこうこうで、こういうふうな症状でました、ああいうふうな症状でましたっていうて説明をして、先生が「これはこうだよ」っていう説明を今度は返してくれて、で、いわゆる症状が、あのー、改善しない場合には、今、さっき言うたような、例えば、その、下剤というか、何にかという部分、もしくは薬を変えたりとかいうのはありました。だから、ずうっとじゃなかったです。あれは、半年も、とってもやだけど、なっとったらえらいことですわ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧