※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)

近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

会社の健康診断の触診でね、いわゆる、「ちょっとこれおかしいから」って、「専門のみんな病院に行って診てもらってくださいよ」って言ったときに、さっと行きゃよかったんです。ええ、ところが、うちの嫁さんと、そんな話をしてもね、男性だし、乳線ないしねって、まあ、われわれみんな素人でそういう誤解をしていて、そうだよね、そうだよねっていう、いわゆる変なところで妥協しちゃって、で、ほっといたというのは、一番よくなかったというね。

―――最初の、その健診のときっていうのは、ご自身で、あっ、あるなって気付かれるような?どんな感じだったんでしょう。

え、あのね、それこそ、米粒になっているか、なっていないかでしょうね、はい。それで、われわれ、女性のように、乳房って大きくないですから、いわゆる触診したら、ある程度自分でもその感じるんですよね。分かるんです。でも、これぐらいなあ、何かのそんなしこり違うんかなあなんていう、そっちのほうに、わざとそのいいほうにいいほうにそのとっちゃうっていう。うん、でも、結果的には、逆でしたけどね、今回の場合はね。

―――男性も、健診で触診ってするんですか。

たまたまなんでしょうけどね、一応、聴診器、当てたりとか、いろいろしますでしょう。その健康診断の内容にもよるんでしょうけど。うーん、その中で、たまたまそういうふうに言われたっていうのが、何かやっぱりあったんでしょうかな。

―――外見に、何か出っばっているとかっていうんじゃなかったんですか。

あ、それはね、そこまでは、まだいっていなかったと思います。それこそ、半年経った状態では、もう誰が見ても分かるぐらい大きくなっていました。

―――あ、外からもですか。

はい、外からも…

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧