※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)

近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

―――やっぱり(しこりが)大きくなってきて、これはっていうふうなご自身でも思われたとき、そのご自身で大きくなったっていうことを見つけたときの気持ちはどんな感じでしたか。

いやあ、やっぱり、これはまずいほうやな(笑)っていうような、そやから、ほんとの正直、もう、そのときの本音ですね。うーん、これは、いいほうじゃないなと。うーん。だから、逆に言うと、もうまな板の上の鯉。どういうふうな結果がでても受け入れて、うーん、ま、先生の言うとおりに、これは治療しなければ駄目だなと、えー、もう、その時点でだからもうまな板の上の鯉、どういうふうな結果が出ても、それは受け入れようという状態でした。

―――じゃ、あのー、気持ち的には、もう、自分で大きくなったこと、見付けたときにがんじゃないかなっていう、そのもう覚悟的なものができていたっていう…

です、はい。

―――そのときに、こう、まあ、お仕事なり生活なりすごく忙しく充実して、こう、まわってきてたところで、あれ、がんじゃないかなと思われたときに、何か大きく変化したりとか、うーん、何でしょう、気持ちだけじゃ、ま、気持ちとか、見通しとか、何かこう変わったり…

うーん、あの、基本的にね、その辺何もないんです、すなわち、今、現実的にこうなった、じゃ、今どういうふうにできるんか。だから、自分ができないことまでできないわけですから、自分ができる範囲で最善を尽くすのみ、もう、これだけなんですよ。だから、あと、例えば、その自分の思い通りにいかずに体が動かない、もしくは、あのー、手がね、自由にならないとかっていうになれば、それなりの方策を考えたらいいんであって。あのー、その時点では、何ら、その、何ていうんかな、こうなったらどうしょうとか、ああなったらどうしょうっていうのは、何も考えていなかったですね(笑)。

―――あのー、事実として、あ、がんになったんだな、自分がっていう、こう、淡々と受け止めて。まあ、ショックは受けたけど、でも、先の不安は持たなかったということですね。

全然持たなかったですね。だから、逆に言うと、あまり冗談がきつすぎて、うちの嫁はんびっくりしていましたけども、こうやっていったって、「別に、干しぶどうぺたんと接着剤でつけとったら、そんな男やし」って言ったら、「お父さん、何を言うてんですか、先生の前で」って言うぐらい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧