※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:56歳(2002年6月)
インタビュー時:67歳(2014年3月)

近畿地方在住。検診でしこりを指摘されたが、がんとは思わず放置。半年後しこりが大きくなって病院に行き、乳がんと診断された。その後、右乳房に局所再発し、摘出術や抗がん剤治療を受けた。会社役員で、診断当時は家族以外には言わずに治療を受けたが、抗がん剤治療後には公表するようになった。

―――男性性とかセクシュアリティとかそういうところに、治療であるとか、ま、手術であるとか、乳がんになったっていう事実は、精神面でとか、影響っていうのはございましたか。

とりたててはないですけども、やはり、あのー、今現在、わたしは、女性から男性に変わりつつある、生まれ変わりつつあるっていう状態なんで。ま、年齢的なもんもあるんで、そのー、若いときのような、その、精力いうのは、もちろん、減退してますけども、あのー、興味があるのは、いわゆる通常の男性と同じようなホルモンのバランスになったとき、どういうふうにね、その男として、どういうふうになるんだろうっていう興味はあるんです。ただ、年齢的なもんがあるんでね。多分に、その、若いときと同じように、あのー、っていうのはないかと思うんですけども、まあ、これも一つの経験みたいなもんで、いい、あのー、経験をするんかなっていう気はします。今までは、あのー、何もないですよ、ええ、その、女性ホルモンが多いから、そんな、あのー、精力がないとかっていうのはないです。ええ、同じようにやはりそういうものはあるし、するんですけども、これが、あのー、ホルモンのバランスが、従来と変わったときに、どういうふうに出てくるか、これはこれで興味があるなとは思っています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧