インタビュー内容テキスト

たまたま、母と同じ病気で、闘病していた看護婦さんの人が、偶然にも、父の担(当)、父が入院した病院の看護婦さんでもあったんですよ。すごい、…何か、ありがたい偶然なんですけど。
いろいろアドバイスしてくださって。で、それ、「介護保険ってあるよ」とか。ま、そういうのも、全然知らなかったので、…自分が40でも過ぎていれば払っていたのかもしれないんですけど、そういうのもほんとに接点がなかったので、…何だ、それは?みたいな。で、「国、…国の援助というか、そういう支援で、サービスも使えたりするんだから、まあ、そのままだとあなたが倒れるから、あのー、利用しなさい」みたいな。その「利用しなさい」と言われても、それはどこでどうやって利用して、何?何が利用できてどんなサービスがあるか分からないとかいうの。ま、ある程度教えてくださって。でも、やっぱ、話だけじゃ分からないことが…多くて。で、何か、父のまずかかっている、ま、その方、その看護婦さんが父の…かかっている病院の看護婦さんだったっていうこともあるので、そこの病院が、そこそこ大きいので、…何、ソーシャルワーカーみたいな人がいるので、そこに行けばいいみたいな。何だ、その人は?みたいな、もうそんなのも知らなかったので、そんな相談に乗ってくれる人がいるのか?みたいなんで。父の定期検診とか行ったついでに、ソーシャルワーカーだかの人に相談したんですけど…

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言