インタビュー内容テキスト

まあ、うーん、若年の方が皆さんがおっしゃるのは、同じぐらいの年齢で言える人がいないって言ってて、皆さん、やっぱり、誰かに聞いてほしいし、誰かと話したくて、家族の会とかに、ま、家族の会を悪く言うつもりは全然ないんですけど、家族の会とかに顔を出された方もいるらしいですけど、やっぱり、そこは60代がメインらしいんです。60代ぐらい、自分たちの父親母親の人たちが80代に、自分たちがおばあちゃんたちを看ているという構図で。若手と言われても、50代とか60代の人で、そこに自分が行くと、その人たちの娘ぐらい、娘、息子ぐらいの年齢なので、さとされちゃうみたいなことがあって。全然しゃべれないって言って。だからと言って、同世代の友達にしゃべったとしたら、何かしんき臭いというか、みんなを思ってないかもしれないかけど、被害妄想なのかもしれないけど、みんなは何かいろんな楽しそうな話をする、うちは、父さんのオムツがとか、やっぱ、言えないみたいなので。言えない、…くてっていうので、結構、ブログとかで、わたしのとこにコメント、同じような方がコメントくださったりとして、集まってはきているんですけど。なので、そういうのでためこんでしまっている人が…多い。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言