インタビュー内容テキスト

―― 記憶に関しては、そんなたいした障害はないんでしょうか

何か、あ、そこからなんだって思ったことがあって…。父親が一番最初に、53歳ぐらいで倒れて、その前に会ったわたしの友達っていうのは、覚えているんです。「はあ、どこどこの何々ちゃんだね」みたいに。そのあとに出会った、社会人になってから出会った友達とかでも、仲良くなればちょこちょこ来る子とかっていうのがいるんですけど、うちオープンなので(笑)。母と仲良くなっちゃったりして来るんですけど、覚えていないんです。…「へえー」とか言って。あと、うち自営業なんで、従業員さんがいて、父が倒れたあとに入った従業員さんがいたんですけど、お子さんを生むというので辞めて、でも、何か里帰りみたいなので来たときに、従業員さんなので、毎日うちに来ていたはずなんですけど、彼女のことは忘れていました。何か向こうが「ああー」とか「ショック」とか言っていたんですけど。

―― そうすると、今言ったことを忘れるとかそういうことはないんですね。

ああ、あんまりないですね。なので、よくテレビで見るアルツハイマーの人とかの違いってこっちは混乱…しますね。あの、数字系が強くて、いつ何したって意外に覚えているんですよね、びっくりするぐらい。あと、食事も覚えていますね(笑)。きょう、デイで何食べたっていうのも覚えていますし。……ただ、細かく聞いていくと、季節は分からないです、何だか、いつも「秋」って言う、いつ聞いても「秋」って言うんです、何だか知らないんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言