インタビュー内容テキスト

わたしはきょうだいがいないので、逆によかったって思うんですけど。何か、それは、1人っ子同士の人と話して、何か、もう、逆に諦めもつくし、覚悟もつくし、意見求められないし、逆に意見も言われないし、もう全部1人で解決するんですね。きょうだいいる人とか、また、それで大変…みたいなので。そこは、ちょっとわたしにも分からないんですけど。…何か1人にばっかりとか、要領のいい人は逃げちゃたりとか。と、若いとよりそれが、こう……あるので、難しいんだな。よかった1人でって言ったら。1人が大変って思ったこともあったんですけど。介護においては1人が楽かもって。……もう、1人、もし、家族というか、きょうだいがいる人は、例えば、自分が背負わされてしまった立場に…入ったら、1人っ子だと思って割りきったらどうですかね。……やってくれない人は、やっぱりやらないので、言ったって。…その人をあてにしたり、求めるのはちょっと無駄かもしれないですよね。だったら、社会的なものを利用したほうが気が楽だし、他人のほうが楽なこともあるので、身内に頼るより………。何かどうなんですかね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言