インタビュー内容テキスト

全然、そのアルツハイマーとか…脳血管とかの違いまで、まだ全然知識がなくて。で、テレビとかって、アルツハイマーの人ばっかり出るような気が、それと、最後は、何か「あーあー」とか言っちゃって(笑)…何かこう名前が分かんなくて「あーあー」って。ああ、あと何年後になるんだみたいな、何か恐怖というか、…感じですね、
で、定期検診のたびに聞くんですけど、やっぱ、忙しそうなので、じっくりも聞けなかったですし。それでも、ほんとに困ったとき、「どうしても話が聞きたいんだ」って言って。「夜、先生が終わるまで待ちます」とか何とか言って待って…理解しよう。やっぱ、父親のことを理解するのが非常に大変だったので、今、どうなっちゃているんだっていうのが知りたかったので、何か、夜、1回、時間をもらって聞きに行ったことがあったような気がするんですけど。
それでも、何か分からなかったんです、いまいち。とにかく、脳梗塞だけではない病になったっていうのは分かったんですけど。でも、何か、先生もはっきりしたことを言えなくて。ま、人によって症状が違うからこうなるとか、やっぱ、先のことがどうしても知りたくなってきたりして、いろいろ聞いても、「人によって違うから」とか。あとは、何か、「段階的に悪くなるから」、何か、「アルツハイマーではないから、こう、階段みたいな感じで、落ちるときにはカクンカクンて落ちて、落ちるまでは、ある程度一定の症状が続くから」みたいなことを言われても、…どういうことなんだろうみたいな。やっぱり、病気を理解するっていうことが相当大変でした。
アルツハイマーの人は、徐々に徐々に悪くなるっていう話だったんですけど、今でこそ、(脳血管性認知症の人は)段階を追って悪くなるっていう意味が分かって。きちっきちっとって言っていいのか分からないんですけど、薬も管理できるようになったし、食事もほどほど管理できるようになったので、病状は進んでないと思います、あまり。とんちんかんなままと、…あと、ちょっとトイレができないぐらい…が、8年ぐらい保てているんじゃないかな…っていう…気がしますね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言