インタビュー内容テキスト

8月に父が急に肺炎をおこして、3日ほど入院して亡くなってしまったんですね。8月のお盆のころが命日だったんです、ちょうど3年前ですけども。で、主人は――それも症状の一つなんですけど―-父親が危篤だというのに、資格を取る勉強をずっとしていまして。あの、暇さえあれば問題集や教科書を、あっちこっちで出していたんですね。で、父親が、危篤で入院しているその病室でもその問題集をずっと開けているというのは、どうみてもやはりおかしかったなというのがありますね。
ほかに、そのとき感じたそのおかしさというのは、例えば、ずっと甘いものが嫌いだった主人が、何にでもポン酢をかけるようになった以外に、甘いものをとても好きになっていたんですけども。父親が酸素吸入マスクをつけられて眠っている横で、主人は甘いお菓子をばくばくばくばく食べながら勉強しているって、それも、ちょっとわたしから見たら異様な光景だったんですね。で、3日間の入院中、看護師さんたちから、「誰かが泊ってください」と「部屋についていてください」っていうときに、わたしはまあ、泊まろうと思いましたけども、主人は、「僕は帰る」と「帰って勉強するんだ」と。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言