インタビュー内容テキスト

むしろ、食べ物に何でも、ポン酢をかけて食べるとか。わがままな行動が多くなってきたので、その、「どうしても、お肉をもう一切れくれ」、食事のときに「お肉をちょうだいよ、ちょうだいよ、ちょうだいよ」と。で、娘が、もうほんとに嫌になって、「もう、わたしのあげるから静かにしてよ」っていうようなこともあって。それを、もうお箸でぐあっと、こう、突き刺して食べるような、ほんと子どもみたいなところが出てきて。あのー、わたしが冗談半分に「パパ、もしかしてそれ、前頭葉が委縮しているんじゃないの」と。そういう前頭葉が委縮すると、あ、抑制がきかないというのは、何か、何か知識としてあったもんですから。冗談で言っていたぐらいだったんですけども。それが、ま、結果的には検査を受けてみたら委縮していたというので、そうだったんだなということがありました。ええ、はい。

―― それは、いつぐらいのことでしょうか。

そうですね、診断を受ける前、1年ぐらい前ですかね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言